経営理念を実践する過程

経営者が厳しい経営環境のもとにおいて、時代の変化に対応して、経営を維持・発展させるためには、経営指針の成文化とその実行が不可欠です。

時代の変化を乗り越える企業づくり

丸ちゃん

時代の変化を乗り越える企業づくり

これからの時代の経営戦略キーワード
~リノベーション・未来への対応・次元を変える~

あなたの会社では
「お客さまが自社を選ぶ理由が明確(徹底した強み)になっていますか?」
「社内の基本的な信頼関係は構築されていますか?」
「戦略の妥当性(科学性)と計画の実現性はありますか?」
・・・そんな、企業経営の最も根源的な課題に答えるのが経営指針です!

オープンセミナーでは、これから経営指針の成文化に取り組むみなさんを中心に、「中小企業をめぐる情勢(時代の見方)」と同友会型企業づくりに挑戦するために 「自社の位置を正しく知る」ことを、講義・事例紹介・実習から学びます。
「経営指針づくりを決意した方」も「経営指針づくりへの挑戦を悩んでいる方」も「経営指針のことを知らない方」も、ぜひオープンセミナーへご参加下さい!

お申込・例会・セミナーの詳細はこちら

時代の変化を乗り越える企業づくり

丸山先生

時代の変化を乗り越える企業づくり

これからの時代の経営戦略キーワード
~リノベーション・未来への対応・次元を変える~

あなたの会社では
「お客さまが自社を選ぶ理由が明確(徹底した強み)になっていますか?」
「社内の基本的な信頼関係は構築されていますか?」
「戦略の妥当性(科学性)と計画の実現性はありますか?」
・・・そんな、企業経営の最も根源的な課題に答えるのが経営指針です!

オープンセミナーでは、これから経営指針の成文化に取り組むみなさんを中心に、「中小企業をめぐる情勢(時代の見方)」と同友会型企業づくりに挑戦するために 「自社の位置を正しく知る」ことを、講義・事例紹介・実習から学びます。
「経営指針づくりを決意した方」も「経営指針づくりへの挑戦を悩んでいる方」も「経営指針のことを知らない方」も、ぜひオープンセミナーへご参加下さい!

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

『コト売り』への変革で目指す社員の幸せ

稲原社長

『コト売り』への変革で目指す社員の幸せ

7年前に事業承継をしたものの、『社長の仕事』が何かわからずもがき苦しんだ稲原氏。同友会入会をきっかけに、社員との関係の質を高める為に、自分の思考・行動を変えていきます。社員と正面から向き合ったことで起こり始めた社内の変革、そしてその取組の中から生まれた、イナハラの本当の強みとこれからの未来!
経営者の自己変革から生まれる社風の再構築、理念型経営のもとに成り立つ自社の強みの発見について学びあう東神戸支部10月例会。
月に1回の学びの時間です。お見逃しなく!

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

経営理念がブランド!

イラスト

経営理念がブランド!
有機・地域・伝統で日本一を目指す

大徳醤油は1910年に創立し、創業106年となります。当初の1軒1軒各家庭に売り歩いた時代からはじまり、2代目になって大量生産、大量消費の時代に入り、工場を建てました。3代目になると、大手企業と差別化を図るために、地元の農産物にこだわり、国内産原料を使用した無添加の醤油づくりに切り替えていきました。
現在、業界全体をみても、国内産原料の醤油はわずか3%。あとは全て外国産に依存しています。その中においても大徳醤油は国内産でなおかつ地元の農産物にこだわり続けています。
4代目である浄慶氏は、8年前に同友会に入会して間もなく、経営指針書を作成されました。それにより、なんとなくぼやけていたものが、はっきりと見えてきて、自社の立ち位置が明確になったとも言われました。浄慶氏も、この8年間「ブランドづくり」を念頭に置きいろいろな事業展開を行ってきました。今回の報告は、今までの活動を振り返るいいチャンスととらえています。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

新たな価値共創で持続可能な成長

佐竹隆幸氏

新たな価値共創で持続可能な成長

東神戸支部8月の納涼例会では、関西学院大学大学院 経営戦略研究科教授 佐竹隆幸氏をお招きし、兵庫県中小企業家同友会の5か年を展望する「VISION2020」のご講演を頂きます。
外部環境、内部環境が大きく変化する時代に経営を維持し発展させ続ける為に、会員企業が取り組む課題、兵庫同友会の将来像、あるべき姿を提言して頂きます。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

『絶対に潰さない!』 舟引の覚悟。

舟引氏

『絶対に潰さない!』 舟引の覚悟。

社長に就任されてまだ3年目の舟引氏ですが、今回の報告では先代の作り上げた会社を継承する後継者としての想い、
また先代の想いを引き継いだ経営理念を作り上げる事、凡事徹底から始めまずは「普通の会社」にすべく邁進中の現在~未来への想い。
そして文化の香り漂う伝統ある東神戸支部を次のステージへと導く熱い志を語ります。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

求められる企業になるために

田中氏

求められる企業になるために
目標に向かって逆算で考える経営

2004年、大手総合商社を退職し、
義父の経営する会社へ。その後独立した当時は社長1名のみ。
孤軍奮闘の中、2013年より新卒採用を行い、
現在は、田中氏含む7名体制に成長。
自社の5年後、10年後を見据えたエリア拡大を目指し、
国内最大の飼料製造地である茨城県での支店出店。
更に、2016年6月には北海道支店開設予定等、
求められる企業へと確実に進み続けている。
自らが目指す企業像を達成する為には、今何をすべきか、
常に考え、行動していく、田中氏の逆算経営とは。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

人が全ての基本

高山氏

人が全ての基本
~目指すは森の世界・ウソのない組織風土~

高山氏は平成9年に社長になり18年、その中でも支部長となったこの2年間が一番の激動の期間だった、大きな決断の連続だった、と振返ります。

ある日、いつの間にか売るモノがなくなっていた!という事に気がつき愕然とし、そこから、販売店という自社の立ち位置がなくなるという危機感を持ち、立て直しを模索します。
現在、その活動が実りつつある部分、作戦変更しなければいけない部分とあるそうですが、その全ての活動においてカギとなるのはやはり人だった、と高山氏は言い切ります。
「そんな事したら社員さんが困るやん」という高山氏。常に人を大事に経営されてこられた高山氏の取り組みと、そこにかける想いを存分に語っていただきます。
高山氏の経験をお聞きし、経営者がすべき事に気付く例会といたします。ぜひご参加ください。ゲストの皆さまのご参加もお待ちしております。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

社長の仕事は、働く人を幸せにすること!

永田氏1

社長の仕事は、働く人を幸せにすること!

阪神支部新春例会は、滋賀同友会会員の株式会社ビイサイドプランニングの永田 咲雄社長にご報告いただきます。
永田氏は、大手求人広告会社から独立し、友人二人と共同経営で昭和61年に創業。時代の波に乗って成長するも、バブルの崩壊で主力の求人広告事業がどん底に。その後も幹部社員の退職が続く。会社をつぶさない為に仕事をするようなドン底から這い上がったきっかけは、経営者が変わる事からでした。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

経営指針の実践は経営者の責任

tanaka1

経営指針の実践は経営者の責任
~本気で経営をしなければ会社は変わらない~

北はりま支部11月例会は兵庫県中小企業家同友会筆頭代表理事の日本ジャバラ工業株式会社の田中信吾社長にご報告頂きます。
北はりま支部では経営指針づくり勉強会を入口として企業づくりをすすめています。しかし、経営指針をつくっても、「社内で発表が出来ていない」、「発表はしたが社員にうまく伝わらない」という、経営指針書に出会ったからこその新たな課題に直面します。
経営指針成文化セミナーを受講したから、成文化が出来たからと言って会社が良くなるのではありません。経営指針を作成し社内で発表し、本気で実践していきながら、1年、また1年と進化させていく中で、少しずつ会社が変わっていくのです。
今回は田中代表理事から経営指針を実践して行く中で、どのようして社内で浸透を図ってきたのか。そこで、どんな壁にぶつかり乗り越えてこられたのか、経営指針書を27回作成してきた苦闘の経験から、本当の「経営指針の実践と浸透」について、生々しいご報告をしていただきます。経営指針発表に一歩を踏み出せない。発表はしたが浸透できないとお悩みの方は是非ご参加ください。
是非、お知り合いの経営者の方をお誘いの上、皆さんのご参加お待ちしています。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています