企業の社会的責任(CSR)

エコピープルが会社を変えた

2

エコピープルが会社を変えた
~ 電気代が20%もダウン! ~

 今期第1回CSR委員会主催の省エネセミナーは、時代の変化と共に企業が生き残るための環境経営を実践されている㈱高山商店の高山社長にご報告いただきます。ISO14000をはじめ、KEMS、エコピープルと常に社員と共に環境改善に取り組んでおられます。特にエコピープルを取得した社員の環境に対する意識が高まったことから社内がどんどん変わり、自発的社員が増え、省エネはもとより社員教育にも繋がったという学びの多いセミナーです。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

地域循環型の自然エネルギーを地域・市民の力で

平沼さん写真

地域循環型の自然エネルギーを地域・市民の力で
持続可能な社会をつくる新しい仕事づくり

今期第一回のCSR委員会主催の省エネセミナーは、
中小企業家同友会全国協議会 地球環境委員長の平沼辰雄氏にご報告頂きます。平沼氏は愛知同友会所属で株式会社リバイブの代表取締役会長を務めておられます。
総合解体事業、産業廃棄物処理業から環境衛生事業に至るまで幅広く事業を展開されています。
中でも環境経営に強い関心を持たれエコアクション21の認証取得や太陽光発電事業、自社をモデルとした風力発電事業にも積極的に取り組んでおられます。
省エネという小さなカテゴリーの枠を超え、今まさに日本が必要としている地域内再投資の観点から、新たな日本型ビジネスモデルの構築にチャレンジされています。
みなさまのご参加是非ともお待ちしています。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

強い会社は笑顔から

DSC00213

強い会社は笑顔から
~この会社で働きたいんや!!~

 報告者の藤原社長は、三重県から大阪に出てきて、金型、旋盤、鋳物などの職人の世界でもまれながらも
”将来は工場の経営者になりたい”という夢を持ち続けて、38歳で創業されました。
創業からの10年間は利益も出ない状態で、利益の出る会社にしたいが営業力・人材力・資金もなく、
いつ倒産してもおかしくない中で同友会に入会されました。
 同友会で勉強していく中で、社長の思いと社員の思いを一致させることが大事だと気づき、
社員と経営理念を共有することに取り組みだします。その一方で、日本一の技術力を持った会社にするという強い思いで、
プリント基板のバリを激減させる技術を開発され、業績を伸ばされています。
また、社員のやりがい働きがいを追求する中で、『この会社で働きたい、この会社で夢を実現させたい』と社員が入社する企業となっています。
 そして、「本当に『強い会社』を作るには、自社だけではなく、地域と連携する必要がある」とおっしゃる藤原社長の報告を、ぜひお聞きください。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

家族(社員)の笑顔が目的地

ohbayashi

家族(社員)の笑顔が目的地

大林氏は、13年間のサラリーマン生活から、帰郷をきっかけに地元の八鹿町で、測量・地図情報作成会社を起業されました。

事業は発展していきましたが、仕事柄残業が多く厳しい職場で、大林氏が頑張れば頑張るほど、社員の心が離れていくという苦しい状況に直面されました。
そんな中、ある時大林氏は、社員の幸せ(笑顔)が社長の幸せにもつながる、ということに気づかれます。

そこから、ワークライフバランスを追求した働き易い環境作り、地域に根付いた事業展開のための施策を次々と繰り出していかれました。
結果、気が付くと、社員が楽しく自主的に会社を動かしていく組織が出来上がり、事業規模もどんどん伸びていく状況に。

社長がいくら発破をかけても社員が動かない、なかなか社員が定着しない、等お悩みをお持ちの皆様、是非大林氏の経営体験報告をお聞きし、職場環境の改善に活かしましょう。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

障がい者雇用で躍進する中小企業

イメージ 3

障がい者雇用で躍進する中小企業
英貴ファミリーの実践例

英貴自動車株式会社
障害者雇用を初めて7年、最初は戸惑いもありながら、障がい者は障がい者として認めつつ、健常者と分け隔てなく接していらっしゃいます。
それが会社の風土の変革となり、企業業績に繋がっています。
“働くのが楽しい、お客様に喜んでいただくとうれしい”と明るく語る障
がい者の社員さんたち。
 山城専務と共に、総務担当の方、そして働いている障がい者の声を、お届けいたします。その中から、あらためて経営の原点を見つめなおす           
契機になればと思い開催いたします

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

価値観をあわせるな!創りだせ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

価値観をあわせるな!創りだせ!
廃業を考えた新聞販売店がみつけた可能性

「衰退産業に突きつけられる『撤退』への『葛藤』から生まれた経営理念」
「地域貢献で利益を生み出すことはできるのか」
「中小企業が、人づくり・地域づくりの『可能性』を見つけられるのか」
10年後には消えゆく業界筆頭といわれている新聞販売業界における10年後のビジョン。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

KEMSを取得して環境経営を推進してみませんか

無題

KEMSを取得して環境経営を推進してみませんか
KEMSを取得するとメリットがたくさん!

「神戸環境マネジメントシステム(KEMS)」は、国際的な環境マネジメントシステムISO14001より、経費、労力を節減したシンプルで取り組みやすいシステムとして、神戸市、兵庫県、地元企業そして兵庫県中小企業家同友会の協働で開発したものです。
取り組みやすく、効率的かつ効果的に環境保全と経済的効果を上げることができる、KEMSの導入をお勧めします。まずは、構築講座を受講してみませんか?

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

障害者研究会オープン例会

0425セミナーチラシ

障害者研究会オープン例会
ゼロから始めた!障害者雇用

「障害者雇用なんて余裕のある会社がやるもんでしょ」と思っていたり、「自社とはまったく無縁のこと」と考えていませんか?実は違います!パネラーの4名も2年前までまったくのド素人でした。誰でも今すぐ始められる可能性を諦めないでください。
 京都府南部地域で一人の男(同友会メンバー)が声を上げることでスタートした「障害者施設、行政、学校、医療機関企業のネットワーク」(通称:はちどり)の取り組みから、今後、地域で「人を生かす経営」を文化にまで高めていくためのポイントを共に学びあいます。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

この町に育てられた、すべては恩返し!

藤岡氏

この町に育てられた、すべては恩返し!
地域貢献が生み出した共に生きる経営

中神戸支部の2014年の1月例会は、徳島同友会から㈱藤岡輪業商会の藤岡 雅彦氏をお招きしご報告頂きます。徳島県鳴門市域で自転車・二輪車販売修理店を営む藤岡氏。その経営理念には「当店のサービスを通じて地域の人たちに、社会貢献できる事が最高の喜び」と掲げています。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています