兵庫県中小企業家同友会の活動

ACTIVITY

講演者の画像講演者の画像

新コンテンツ「クロジノツボ」が始動します!!

2020年5月中旬、同友会会員によるプロの目線でお伝えする経営者なら知っておきたい法改正や助成金、資金繰り対策といった情報や、同友会会員が実際にどんな取り組みや工夫を行っているのかご紹介する動画など、さまざまな経営のツボがぎっしり詰まった壺のような情報系コンテンツが始動します。
今回、始動に先立ち、第0号として内容をお見せいたします。どうか乞うご期待下さい。

内容

「逆境のリーダーシップ ~コロナ禍において経営者がなすべきこと~」
東播支部 高橋保男 氏(みそら税理士法人)

税理士としてこの難局に経営者の皆様と接していて感じることは、今こそ「自社の財務状況の理解」が重要だということです。
 この状況下において手を打つべきことは、当然のことですが、「キャッシュ」の確保であり、これに日々奔走されていることかと思います。ご存じの通り、金融機関や保証協会の処理がなかなか追いついておらず、申込から融資実行まで、長ければ2ケ月以上見込まないといけないようです。まだ融資のアクションを起こされていない方は早目の手続きをお勧め致します。
 融資の手続きと同時に各種助成金・給付金の申請が必要ですが、日々情報が更新されますので注意深くウオッチが必要です。
 経産省 https://www.meti.go.jp/covid-19/
兵庫県 https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk03/corona/corona_support_toc.html
など。

また、税金や社会保険料の納付の猶予(免除ではありませんが)の制度もありますので検討するものひとつかもしれません。
国税庁 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/pdf/0020004-044.pdf
厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/12500000/000622018.pdf

税理士として最近の顧問先様との話題の中心は、
① いくら借りればいいのか
② 固定費の見直し
③ 現状においても何かキャッシュを生む方法なないのか、及び収束後の戦略
といったところです。
①については会社の財務内容にもよりますが、大まかな目安として固定費の6ヶ月分は最低確保したいところですね。
②については今後の見通し次第では役員報酬を減額して所得税や社会保険料を節約する、などの検討も必要でしょう。

この大変な時期ですが、「自社の財務状況」を経営者自らが十分理解し、「足元の数字」を直視しないとこれらの答えは出てきません
 税理士など専門家の力を借りながら、自社の数字としっかり向かい合って対策を講じていきましょう!

 

 

報告者

参加者の感想

活動終了後に更新します。