経営体験報告

経営者から直接、生の経営体験を聞き、グループにわかれての討論(バズセッション)を行ないます。経営者に共通する課題について本質論議ができる場として位置づけて、異なる業種の経営者の経営体験から謙虚に学び、経営の創造的発展と経営者の自己成長をはかっていくことが重要だと考えています。

仕組みだけじゃまわらない!

松田さん

仕組みだけじゃまわらない!
~次代のリーダーが育つ環境づくりとは~

神戸中央支部3月例会は、兵庫同友会副代表理事であり、神戸中央支部初代支部長の㈱ステップワン・相談役の松田光治氏にご報告頂きます。
㈱ステップワンは社員にとって公平な評価が出来る企業を目指し、創業以来、能力評価制度や社員教育の仕組みづくりに取り組んでこられました。過去には一つの部門が独立するなど困難もありましたが、中期計画を立てるなどし、会社が社員の自己実現できる場になるよう自社改革を続けていました。
しかし、2012年に社員意識調査を実施すると予想もしない回答が次々に上がってきました。これまで経営指針や社員教育の中で伝えていたつもりだったことが、社員一人ひとりまで浸透していなかったことが分かったのです。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

決 断

obata2

決 断
~次世代に繋げる会社づくり~

北はりま支部、今期最後の3月例会は支部長やはりまセンター長も歴任された㈱保険屋本舗.福崎・代表取締役の小幡八郎氏にご報告いただきます。
小幡氏は地元の信用金庫に18年勤務したのちに、義父がされていた有限会社オバタに戻られました。有限会社オバタでは不動産賃貸、子供服販売と保険代理業をしていましたが、小幡氏が保険代理業の幅を着実に広げていかれました。売上が増えていくことで自業から事業への転換を考えていく中、長男の入社、経験者の雇用と一気に社員が増え、組織づくりに取り組みます。そして、経営指針成文化セミナーに参加。受講する中で改めて自社の課題や存在意義に向き合う中で保険部門の会社を立ち上げる決断をされました。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

本気で俺がまわりを照らす明かりになってやる !!

無題

本気で俺がまわりを照らす明かりになってやる !!
有言実行し続けるから変わるもの

「強い経営者」になるには、何が必要ですか? 例会委員会では、この一年を通じて「強い経営者」「強い会社」になる為にしなければならないことを考え、追求する例会づくりをしてきました。 2017年度の中間にあたる9月に今一度、明確にしたいと思います。報告者の上林氏の考える「強い経営者」への道のりは、確実ではないが着実に歩みを進めています。その目的と原動力を、今回の経営体験報告会では語ってもらいます。是非、明日からの一歩を変えるためにも参加してください。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

お菓子を作らない男の16年目の挑戦!

綾氏

お菓子を作らない男の16年目の挑戦!
全ては笑顔のために

神戸で有名な洋菓子を販売するレーブドシェフ。 現在、8店舗で社員約80名、パート・アルバイトを含めると約200名の人材を抱えます。お菓子を作らない綾氏は、職人との関係をどのように構築しまた改善していっているのか。また、パート・アルバイトのスタッフに対して、どのように、自らの経験と技術を伝えていくのか。
今も挑戦中の姿は、きっと心を打つはずです。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

チャレンジ精神で失敗も不安も乗り越えられる!

2

チャレンジ精神で失敗も不安も乗り越えられる!
失敗なんて、吹き飛ばせ!FPヒーローズの挑戦

報告者は、ファイナンシャルプランナー事業、身元保証事業、そして薬局事業を手掛けて挑戦を続けるエフ・ピー・ヒーローズ株式会社の堀田 寛晶氏です。 堀田氏は20代の頃、人生のテーマを「関わる人みんなを幸せにするヒーローになる!」と決めました。その人生のテーマを実現するため、ファイナンシャルプランナーとしての知識を活かし、起業して事業を立ち上げるも、いろいろな壁や組織の問題に直面します。数々の失敗や挫折を乗り越え、同友会、青年部での学びを活かしながら、不屈の闘志で挑戦を続けるヒーロー堀田寛晶氏の話は、経営者として、日々戦っている皆さんに、勇気と希望を与えてくれること間違いなしです!!

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

日本の雇用を変えてやる!

井上氏

日本の雇用を変えてやる!
目指すは『三陽工業』という働き方。

8月の東神⼾支部例会は、三陽⼯業株式会社の井上 直之さんのご報告です。
三陽⼯業は、製造業と人材派遣業のハイブリット企業として業績を伸ばしておられます。
一社依存体制からリーマンショックの大打撃、製造の海外移転等の外部環境の変化に対しても果敢にチャレンジし、この「人が集まらない時代」において、『三陽⼯業』で働きたい!とスタッフに思わせるに⾄る戦略。
どのように他社との差別化を図っているかについても熱く語って頂きます。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

経営者の皆さん、一緒に成長できる仲間を作ろう!

パネラー

経営者の皆さん、一緒に成長できる仲間を作ろう!

「売上が上がらない」「社員が育たない」「幹部と話がかみ合わない」…経営者の悩みは尽きません。こんなとき、本気で相談できる仲間がいたら、どんなに心強いことか。皆さんには、そのような仲間はいますか?同友会には、まるで自分の会社のことのように、親身に相談に乗ってくれる仲間がいます。ときには、厳しいことまで言ってくれる仲間がいます。こんな仲間は、よくあるビジネス交流会や講演会に参加するだけでは、きっと得られないことでしょう。経営者に必要なスキルを身に付ける機会もたくさんあります。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

社長の想いを伝えるミッション経営

kita

社長の想いを伝えるミッション経営
~伝え合い、聴き合うことで響きあう〜

経営計画のPDCAに幹部と社員を巻き込み。
企業使命を全うするための目標の全社共有。
目標達成のためのビジネスモデルの進化。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています

なんでやねん、親父!!

福井氏

なんでやねん、親父!!
もがく三代目予定者の心の叫び

初代の祖父から二代目の父に引き継がれ、創業70年の歴史を持つ(株)成田。福井氏は大学卒業後、花に関する仕事をしていましたが、父にそそのかされ、同社に入社。しかし、折り悪く、国主導による一般競争入札の導入や公共工事の減少により業績が悪化。社員との軋轢が生じ始めていました。
常務となった福井氏は、ついに幹部社員が辞めた事をきっかけに、将来を見据えた社内改革に着手します。ところが、そんな福井氏の前に頑固な父が壁となって立ちはだかります。
ともに会社を良くしたいという思いがあるからこそ衝突し合う二人。そんな福井氏の父に対する不満や葛藤、自身が思い描く自社の将来像について、胸の内を語っていただきます。

アンケート結果・結果報告はこちら
この例会・セミナーは終了しています