同友会とは

同友会の活動

兵庫同友会の支部活動 〜真髄は「学びあう」こと〜

謙虚に学び合う支部例会、ブロック会

同友会における日常活動の最大の特徴は「学びあう」ことにあります。
だれもが「強じんな体質の企業にしたい」との願いを持って同友会に集まっています。
お互いの知恵と経験を腹蔵なく交流し「学びあう」のが支部例会です。
激変する環境変化、時代転換にどう誤りなく経営の舵取りをするのか、経営方針はこれでよいのか。悩みや問題に対して前向きに解決のヒントを得たい。それには、同じ中小企業家として共通の立場で努力し、成果を上げている方から学ぶのが一番です。ですから、同友会の例会での報告者は、現役の会員をメインにしています。
支部をいくつかのグループ(ブロック)に分けたものが、ブロック会です。少人数であるため例会とはまた違った雰囲気で、お互いを知り合い、社外重役として真摯な交流を行い、自社の問題点や経営者としての課題に気づき、確認し、実践に取り組む場です。
同友会は異業種の経営者の集まりです。そこには、百社百様の経営実践が財産としてあります。ところがせっかく優れた経営体験を聞いても、「ウチとは業種も規模も違うから」「あの人だからうまくいっただけのこと」と謙虚に学ぼうとしない方がいます。これでは会社は良くなりません。

問題意識を研ぎ澄ます

同時代を生きる経営者として共通の土俵におきかえ、自社と対比させ、自社に何をどう取り入れるかという姿勢でのぞむことです。そのためには、常に問題意識を研ぎ澄ましておくことでしょう。問題意識の鋭さ、自社に必要なものを取り入れようとするどん欲さが「学ぶ力」になります。

「学び方を学ぶ」

支部例会では、必ずといってよいほどグループ討論を行います。同じ話を聞いても聞き方=学び方の違いがあり、そこから「学び方を学ぶ」ことができます。さらにテーマを討論で深めることができます。グループ討論では、他の人の話を良く聞くと同時に、自社の経験も積極的に提起していく姿勢が大切です。  当然ですが、学んだことは経営に取り入れ実践しなければ、企業は少しも良くなりません。学んで実践、成果を上げ、そのことをまた同友会で報告し検証する、このサイクルが企業を良くしますし、また同友会の活性化の原動力です。

各支部の活動

各委員会・部会の活動