同友会とは

同友会理念

  • 様々な異業種が集まる中小企業の経営者団体です。
  • 会員の要望を初めとする中小企業にかかわるあらゆる問題の解決をめざします。
  • 会員の要望や意見に基づいた活動や企業運営を行ないます。
  • 会員経営者同士の学びあいを基に、経営者として必要な能力が身につきます。
  • 会歴や企業規模などに関係なくフレンドリーな活動が行えます。
  • 特定の政党を支持せず、どの政党とも同じようにお付き合いしています。

同友会には、会の目的や性格、基本となる考え方を明確にした同友会理念があります。

【その1、三つの目的】

「よい会社をつくろう」
同友会は、ひろく会員の経験と知識を交流して企業の自主的近代化と強靭な経営体質をつくることをめざします。
「よい経営者になろう」
同友会は、中小企業家が自主的な努力によって、相互に資質を高め、知識を吸収し、これからの経営者に要求される総合的な能力を身につけることをめざします。
「よい経営環境をつくろう」
同友会は、他の中小企業団体とも提携して、中小企業をとりまく、社会・経済・政治的な環境を改善し、中小企業の経営を守り、安定させ、日本経済の自主的・平和的な繁栄をめざします。

【その2、「自主・民主・連帯」の精神】

「自主」
(1)同友会は他のいかなるところからも干渉や、支配を受けない。
(2)入会も退会も、また行事への参加についても会員経営者の自主性を大切にする。
「民主」
(1)会の運営を会員の要求や意見に基づいて行い、ボス支配が起こらないようにする。
(2)民主的なものの見方や考え方を積極的に広め、企業内で実践していく。
「連帯」
(1)経営者としての全人格的完成をめざしての相互の高まりあいから生まれる深い信頼関係をもとにした、会員同士の腹を割った裸での援けあい。
(2)あらゆる階層の人たちと手をとりあっていく、外へ向けて融合・協力をすすめる。

【その3、国民や地域と共に歩む中小企業をめざす】

日本経済の大半を担い、国民生活をすみずみまで支え、地域と密着した企業活動を展開する中小企業の経営基盤は国民生活と地域の中にあるのだという自覚のもと、
(1)豊かな国民生活の実現に貢献するための企業活動は理念と実践の上で反国民であってはならない。
(2)優れた製品やサービスを提供し、人々の暮らしの向上と地域経済の繁栄を保障する社会的使命と、雇用の創造、個性ある地域づくりに対する社会的責任を果たすことをめざす。
(3)地域経済のバランスの取れた活性化に中小企業家の立場から提言し、地域の発展、振興に対し、同友会らしい理念のもと、自治体や地域の人々と共に地域おこし、街づくりに活動する。