兵庫県中小企業家同友会 創立50周年

われわれ青年経営者次代
誇れる豊かな世界創ろう!

圧倒的な発想転換

trailer告知動画

青年経営者全国交流会 in 兵庫(3分24秒)

slogan開催地スローガン

新たなステージ創りに
挑戦する場

不安定な国際社会、人口減少の進む日本経済、デジタル技術の急速な発展により、これまでとは比較できないスピード、領域で事業環境の変化、市場消滅、企業の優勝劣敗の拡大が起きています。
この変革の時代に中小企業家そんな中、我々中小企業家はこれまでの勝ちパターンにとらわれず、圧倒的な発想転換により、これまでにない新たな未来を、社員・事業パートナー・地域社会と共に創っていく必要があります。

第50回という節目において、これまでの歴史に感謝しつつ、これまでの考え方にとらわれない圧倒的な発想転換により「青年経営者全国交流会」を開催する。これにより中同協青年部ビジョン2030実現に向けた新たなステージ創りに挑戦する場とする。

神戸の街の風景

greetingごあいさつ

01兵庫県中小企業家同友会代表理事 藤岡義己

1973年当時、中小企業家同友会はまだ13都道府県にとどまり、その内5同友会に青年部組織が立ち上がっていました。その年の5月19日、20日、その5同友会36名の青年経営者が神戸に集まり、記念すべき「第1回青年経営者全国交流会(青全交)」が開催されました。この第1回青全交は、各地同友会の自主的な取り組みとして開催され、第4回青全交から中同協主催になりました。この時の中小企業家しんぶんには「青年経営者らしく熱気に満ちた討論をお土産に、各地同友会に又新しい風を巻き起こす」と記されています。

それから49年、中小企業家同友会は全47都道府県に行きわたり、青年部も43同友会で組織されています。全国の青年部会員は6,519人を数え、後継者部会員を含めると約7,000人、すばらしい成長を遂げています。青年部活動のダイナミズムを活かせるか否かが、各地同友会の成長に直接的に影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

このような歴史を背に、2022年9月15日、16日に兵庫県中小企業家同友会が設営担当で、記念すべき「第50回青年経営者全国交流会」を青全交発祥の地である神戸で開催いたします。我々中小企業家はいま大きな変革の時代を生き抜こうとしています。「コロナ禍」「第4次産業革命」「2025年の崖が提起するDX革命」「SDGs」「働き方改革」など、過去の延長に未来を描ける『静的な環境』から、延長線上に未来がない『動的な環境』に移りました。今こそ、青年経営者の出番です。それぞれが描く、会社づくり・経営者づくり・環境づくりについて、大いに学びあいましょう。この歴史的な青全交を兵庫同友会青年部はもちろん、兵庫同友会をあげて皆様の参加をお待ちいたします。お会いできること楽しみにしています。

02日新産業株式会社橋崎牧人

【圧倒的な発想転換】
現在、我々経営者は、あらゆる分野において、これまでとは比較できないスピードで変化する、激動・激変の経営環境に、生き抜く力が問われています。
我々経営者は、過去の勝ちパターンにとらわれず、「圧倒的な発想転換」により、これまでにない新たなステージを、社員・事業パートナー・地域社会と共に創っていく必要があります。

これまでの歴史に感謝し、記念すべき第50回大会を節目に、中同協青年部ビジョン2030の実現に向け「圧倒的な発想転換」で青年経営者全国交流会の新たなステージを創ります。

兵庫の地で、全国の仲間と共に新たな未来を切り拓きましょう!

time
significance
開催意義

  1. 2030ビジョンを広め、全国の青年経営者の志を結集し、次代に誇れる豊かな世界を創っていく場とする
  2. 学びを体現する次世代リーダーとして全人格的成長を遂げる学び合い活動を行う場とする
  3. 多様性を生かし人と地域が輝く企業づくりの実践を分科会やグループ討論で交流する場とする
  4. 本気本音で関わる仲間を地域に増やし世界とつながる取り組みを交流する場とする

coming soon