HOME > この仕事って合法、アウト!? 新規分野ビジネス、新規事業にかかる「グレーゾーン解消制度・新事業特例制度」とは何か、メリットと活用方法について紹介します

BLOG

この仕事って合法、アウト!? 新規分野ビジネス、新規事業にかかる「グレーゾーン解消制度・新事業特例制度」とは何か、メリットと活用方法について紹介します

投稿者:ユニバー社会保険労務士・行政書士事務所 中道 三喜男(兵庫支部所属)

新しい事業を始めてから法律や規制に抵触していたようなことが分かるのでは、あまりにリスクが大きすぎます。

 

今回は、新規事業の取り組みが規制対象になるのかどうか事前に行政に確認することのできるグレーゾーン解消制度と、企業によって安全性が十分確保されている事業であれば、国の規制の対象となるものであっても特例として認められる新事業特例制度のメリットと活用方法についてご紹介します。

keizaisangyousyou.jpg

 

グレーゾーン解消制度とは、メリットは何か

 

グレーゾーン解消制度とは、企業が今から始めようとする事業が規制の対象となる(クロ)か、あるいは対象とならない(シロ)かが、企業から見て不透明である(グレー)の場合、クロかシロかを前もって国に確認できる制度です。

 

たとえば、医療機器メーカーが無人で安全に薬を受け渡すことができる機械を開発して、薬局に売り込もうとしたとき、「規制では、薬は薬剤師が直接渡すことになっているが、薬局でこの機械を利用して、夜間に無人で利用することはクロ・シロか?」といった疑問が生じた場合など、グレーゾーン解消制度を利用することで、定められた期間内にクロかシロか回答を得ることができます。(これは実際にあったケースで、シロと判断されたようです)。

 

グレーゾーン解消制度を用いる企業のメリットとしては、規制の対象でないと思って進めていた事業が、役所から「これは駄目です!」と判断された結果、根本から事業を見直すリスクを防ぐことができます。

 

また、顧客や見込み顧客に対して売り込もうとするとき、「●●に関しては国のお墨付きを得ています!」とアピールできるメリットがあります。

 

経済産業省が随時公開しているグレーゾーン解消制度の活用実績

 

新事業特例制度とは、メリットは何か

 

新事業特例制度とは、新たに始めるビジネスが現在は安全性等の観点から認められていなくても、企業が安全性の確保等を行っていれば、国がその事業計画を検討して、適切である場合、特例として認められる制度です。

 

たとえば「電動自転車のアシスト力は、道路交通法で人の力の2倍迄と定められているが、このアシスト力では、電動自転車にリヤカーをつけて走れない為、安全性を確保するので、人の力の3倍までを認めてください」という事業計画を申請した場合、国が適切であると認めた場合は、実施できます(これも実際にあったケースで、認められたようです)。

 

新事業特例制度を用いる企業のメリットとしては、新事業特例制度によって、他社に先駆けて新たな分野に参入することで、市場での有利なポジションを築くことができるということです。

 

そして社会全体考えると、「グレーゾーン解消制度・新事業特例制度」を利用して新たなビジネスにチャレンジする企業が増えることで経済が活性化し、また一般消費者は、今までにない便利で快適なサービスを受けることができるメリットがあるといえるでしょう。

 

経済産業省が随時公開している新事業特例制度の活用実績

新着記事

2021-01-17

令和3年新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言における中小事業者(経営者)向けの助成金、一時金、給付金の情報について(速報)

2021-01-06

節税対策! 30万未満の備品などを購入して、一括経費計上する特例制度について紹介します ~減価償却資産を取得した場合の特例を活用したメリットと注意点について

2020-12-28

この仕事って合法、アウト!? 新規分野ビジネス、新規事業にかかる「グレーゾーン解消制度・新事業特例制度」とは何か、メリットと活用方法について紹介します

2020-12-19

姫路駅前シェアオフィス、いいオフィス 姫路 by神姫バスの魅力

2020-12-09

【中小企業経営者インタビュー】コロナ禍の「底」はまだ見えていない?株式会社長谷川鉄工所 長谷川 哲也氏にお伺いしました。

2020-12-04

新設法人で、株式会社ではなく合同会社を選ぶ人が増加していると聞きました。合同会社を選ぶメリットとデメリット、合同会社とはどんな会社か。また合同会社や合資会社、合名会社を略するときの書き方を教えてください

2020-11-26

ダブルワーク(副業・兼業)の場合、労働時間は通算されると聞きました。この場合、残業手当についてはどのように処理をすれば良いのか。本業、複業のどちらが支払い義務を負うのか教えてください。