HOME > お知らせ

お知らせ

NEWS

2019-10-10

関西学院大学連携事業「社長のかばん持ちインターンシップ」開催

2019-08-06

東播支部【2019 夏の交流例会】心をひらくメンタリズムコミュニケーション

明日から経営に活かせるモチベーションUP!コミュニケーション術を学ぶ

2019-08-06

阪神支部8月例会を開催します!

2019-08-01

第32回 全兵庫経営研究集会開催のお知らせ

2019年11月5日(火)神戸ポートビアホテルにて、「第32回 全兵庫経営研究集会」が開催されます。

2019-07-09

出石特別支援学校見学会を実施

019年7月9日(火)に兵庫県立出石特別支援学校の作業学習を見学会を行いました。 特別支援学校は、生徒の実習先の確保に苦慮されています。実習先としての条件は、障がい者への理解を持つ企業で、生徒が自宅から自力で行ける範囲の企業ですが、実習を受け入れる企業がまだまだ少なく、先生方は、実習先を確保するのに大変ご苦労をされています。 そこで、特別支援学校と企業がお互いを知り、素敵なマッチングを行なうための第一弾として、学校参観を企画しました。

2019-07-08

久元神戸市長との意見交換会

7月8日(月)13:30から兵庫同友会事務局に於いて、久元神戸市長との意見交換会を実施し17名が参加しました。今回は、神戸の経済活性化や人口回復のためのアイデアをたくさん聞かせて欲しいと久元市長からご依頼があり開催されたものです。  久元市長から、「ヒューマン+デジタル都市の実現」をテーマにしたご説明の後、「通過型」でなく宿泊(滞在)型の街づくり、地域産業興しで、市民にとっても旅行者にとっても魅力ある街にしていくことなど、率直な意見交換を行いました。

2019-06-06

財務省職員と地域プレイヤーとの車座トーク

2019年6月6日に、神戸財務事務所に於いて「財務省職員と地域プレイヤーとの車座トーク」を開催しました。  この企画は、「財務省職員が霞が関に閉じこもらずに、地域に出向き、直接地域プレイヤーの生の声を聞き、意見交換する必要がある」という省内プロジェクトでの提言に基づき、企業経営者等の方々と、意見交換する場を設けたいとの依頼により実施されました。  梅村・飯田両氏から、国の財政の現状及び税制について説明を受けたあと、県内の中小企業が注力している内容や国に支援してもらいたい事項等について意見交換を行いました。  <参加者:財務省>   梅村元史氏(財務省主計局内閣第一係・復興係主査)   飯田 薫氏(財務省主税局調査課・課長補佐)   鈴木 徹氏(財務省近畿財務局・神戸財務事務所長)  <参加者:同友会>   藤岡・村川・藤谷各代表理事、竹中副代表理事、井上前副代表理事

2019-05-23

阪神支部 6月例会 開催します

2019-04-16

兵庫同友会第50回総会を開催しました-県下6信金と連携協定締結-

2019年4月16日、兵庫同友会第50回定時総会がホテルモントレ姫路で開催されました。2019年度方針として「兵庫同友会50周年に向けて」ー兵庫経済の一翼を担う「ひょうご未来牽引企業」となろうーが採択されたほか、総会第2部では神戸・兵庫・日新・淡路・但馬・西兵庫の6信金と「中小企業支援に関する連携協定」を締結しました。

2019-04-05

2019年度新入社員一泊研修 「基本の徹底こそビジネスマンの第1歩!」

4月4日(木)~5日(金)於:アリストンホテル神戸  毎年4月の第1週に、1泊2日で新入社員研修を開催しています。今年は57社から98名が参加しました。研修の目的を「基本の徹底」に置き、講師任せにせず、人材育成委員、参加企業の担当者が指導員として、事前に勉強会を行い厳しくも親心をもって指導にあたりました。  1日目は、「これから伸びる社員、駄目になる社員、その違いは何か」の基本講義で、これから習うこと、学ぶことの意味や価値を伝えると共に、身だしなみチェック、発声訓練・あいさつ訓練等の基本動作、ビジネス言葉や文書、茶菓接待などのビジネスマナーの実践を行いました。学生時代では当たり前であった甘さが仕事では通用しないこと、頭ではわかっていても実際にやってみるとできないことに気づき、参加する姿勢がどんどん積極的になっていきます。  2日目は、「名刺の扱い方」「ビジネス電話の掛け方・受け方」「指示・命令の受け方」「報告・連絡の仕方」をロールプレイニング形式で徹底して行いました。 最初はぎこちない新入社員も、何回も訓練することで段々と自信をつけていきます。会場に響く「ありがとうございました!」のあいさつの声には、参加者の決意が込められていました。

< 1234 >