HOME > 兵庫県中小企業家同友会、神戸市に現状訴え ~行政との意見交流会~

BLOG

兵庫県中小企業家同友会、神戸市に現状訴え ~行政との意見交流会~

投稿者:(有)前川企画印刷 西端 康孝(西神戸支部所属)

 

兵庫県中小企業家同友会では、定期的に県知事や各市町村長との懇談の機会を設け意見交換を行っています。2021年1月19日、神戸市との意見交換会では新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の再発令に伴う飲食店の現状などについて報告を行いました。

kobe.jpeg

兵庫県中小企業家同友会と神戸市(行政)との意見交換会

 「売り上げ半減、借り入れ倍増」 兵庫県中小企業家同友会、神戸市に現状訴え

(以下、当日の様子を伝える神戸新聞の記事の内容を引用します)

 

 兵庫県中小企業家同友会と神戸市は19日、新型コロナウイルス感染症に関する意見交換会を市役所で開いた。同会からは、藤岡義己代表理事と居酒屋などの経営者ら3人が参加。緊急事態宣言の再発令に伴う時短営業要請に応じている飲食店の現状などを報告した。

 

 創作料理店を展開する情熱ダイニング(神戸市中央区)の池原晃喜社長は「売り上げは半減し、借り入れは倍増した」と厳しい経営環境を訴えた。ランチ営業やケータリングも始めているといい、「コロナ禍を乗り切るため、新たに始めた事業や取り組みに対する支援もお願いしたい」と要望した。

 

 久元喜造市長は「各飲食店が歯を食いしばって頑張っていることや、影響が取引業者にまで広がっている現状を改めて認識した」と述べた。(中村有沙)

 

(ここまで引用)

 

また、意見交換を踏まえて久元喜造神戸市長は次のようにTwitterでコメントされています。

 

 

中小企業家同友会では、経営者同士の交流を通じて、経営者としての資質を高めあう勉強会を行っていますが、こうして行政の方々との交流も行うことで、様々な政策提言も行っています。

 

行政からの支援、そして行政との協力がなければ、私たち経営者の置かれる状況は厳しくなるばかり。強いタッグを組んでいくことで、同友会の会員のみならず、すべての経営者の皆さんの環境が良くなるよう、今後ともこのような機会を持っていこうと思います。

 

行政に関する提案や意見、質問などは、同友会内で定期的に集約する時間を設けています。経営者同士の交流はもちろんのこと、行政とかかわって、経営環境への意識を高めてみたいと思われる方は、ぜひとも中小企業家同友会へのご入会をご検討ください。

 

 

新着記事

2021-05-30

経営者が成長していくために必要なものとは

クロジノツボライブ配信。第3火曜日は 女性部が担当です。 本日は副部長の島田リエさんにお話しをお伺いしました。

2021-05-30

採用費を使わない採用とは?

クロジノツボライブ配信、女性部編。 (有)アートワークスの大段奈保子さんにお話しをお伺いしました。

2021-04-23

コロナ。その時どう動いた?

兵庫同友会副代表理事 藤原京子さん、兵庫同友会 女性部部長 松下真由実さんとの対談。インタビューアー be.love.company.西 良旺子。

2021-04-22

ピンチチャンスに

女性部わくわく談義 ~from VIVI 衣笠美幸さんにお話しをおうがいしました。 衣笠さんは、姫路でカラオケルーム、ネットカフェなどをされています。 コロナになり、衣笠さんが行ったこととは?

2021-01-24

兵庫県中小企業家同友会、神戸市に現状訴え ~行政との意見交流会~

2021-01-17

令和3年新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言における中小事業者(経営者)向けの助成金、一時金、給付金の情報について(速報)

2021-01-06

節税対策! 30万未満の備品などを購入して、一括経費計上する特例制度について紹介します ~減価償却資産を取得した場合の特例を活用したメリットと注意点について